9/21/2011

おぞましくも悲しい出来事

常日頃から科学捜査や、犯罪心理学などに一通りの興味を持ち、最近の犯罪捜査に於けるその活躍ぶりにエールを送る一市民の私の周りで、最近起きた残虐な殺人事件について私達家族の日常生活に何らかの関連を持ったニュースとしてここに書き残したいと思います。
2010年12月に犯行が為された『フロリダ・ディビィ市バラバラ死体事件』と云われる、何ともおどろおどろしたその事件名からして恐ろしい犯罪であり、2010年末から明け翌年の当初はローカルテレビニュースや全国放映CNNまでが大々的に取り上げていたものです。
当の事件概要を最初に記しますと、2011年暮れ市の運河で釣りをしていた男性がセメント固めを錘にしたらしき人体の一部を発見、マイアミ犯罪捜査本部に通告したと云うもの。その後日フォートローダデル市周辺でも、胴体、顔を破壊された頭部、腕などがそれぞれ別の場所から発見され、それらの体の部分から身元確認と殺人犯逮捕が急がれたというものです。
ずさんな犯行計画が多くの証拠物件を残してのスピード逮捕となり、1月半ばには、その死亡被害者の友人Sが殺人及び死体遺棄罪で連行されたのでした。
この殺人事件がテレビで盛んに放映されていた当初はその事件と犯人Sが我が家には何らの関わりもないものと聞き流しており、まさかその当のSが私達家族の知人Sであるなどとは思いもよらず、名前が報道されても私はその時は声にさえ出して「あら、同姓同名の犯罪者かア。Sさんには傍迷惑な話だこと、この地区に居たなんてね」と笑ったものでした。
Sさんとはそうも深い付き合いがなかったものの、家族は10数年来の知人で、ある一時期には週3の割で顔を合わせていました。
私の知るS さんは、私の孫娘がバトンダンスグループの所属していた時の知り合いで、孫娘と同年の彼の一人娘の熱心なサポーター父親で、そしてその彼の裕福な散財ぶりからも誰もが知る人といった存在でした。
誕生会だ、発表会だ、州大会だ、お楽しみ会だ何だと、事あるごとに一人娘を溺愛し行動をするSは何時の時も自分の裕福さを豪語しており、彼の娘友達やその父兄やらの沢山の人がむらがり、私達家族の品粛をかっていたのも事実でした。
当時は幼い孫息子もバトン界でかわいがられていて、孫娘がその大きなバトングループを脱会するまでは、当たらず触らずの精神で付き合いを行使せねばならなず、孫娘もSの招待でリムジン送迎のパーティーに出かけたこともありました。
Sはいつの時も娘の行動教育に熱心でいつも一緒に行動するのが、当初30代後半から40で曰く「無職・退職者」である事に誰もが「彼の本職は?」と心の中で疑問に思っていたのでした。ボートを数台持っていてロブスター漁への貸し出しをしていて、レストランやその他の業界と親密であることから、マフィア繋がりで、密輸にも何らか関与しているのではとささやかれてはいたのでした。
容姿端麗、頭脳名先で、彼と同名の愛娘Sは10代にはブランド名のバックの中に常時数千ドルを携帯していて、欲しい物を欲しいがままに購入し、友人達を旅行やパーティーに招待するという日常でしたが、私の目にはその父親も同じくある瞬時には、セレブらしくないチグハグな部分が顔を覗かせるのが気にかかるところで、それが私が孫達をSの回りにはべらないように注意した理由の一つでもありました。
しかし、その時は別にS家族をどう思っての事でもなく、私個人思考の問題だったのかもしれませんが、孫達には富や権力にのみ従って群がるような人間になって欲しく無かったというのが私の心情でした。
人の目の前で札束をこれ見よがしにウチワにして扇ぐような生活をしていた彼ではありましたが、平常は周りの皆にも気配りをする好紳士然とした彼が何の原因であのような残虐極まりない犯罪に自ら手を染めたものかと色々な推測がなされるところとなりました。
聞くところでは逮捕時には数億もの借金まみれの生活であったといいます。そして逮捕の決め手の数多い証拠物件の一つに被害者のクレジットカードを使って娘の大学費用を支払ったり、自分の車のタイヤを購入したとあるのは、やはり一昨年の米国東海岸原油放流海水汚染事件に発端するボート使用不可状態から来る収入停止に因を発するものなのでしょうか。
保釈無し、無期懲役又は死刑の殺人罪に問われて裁判待ちの彼は今も無実を唱えていするといいますが、科学捜査による数々の証拠物件が彼の見方をしてくれるのは相当難しいと察しられる現状です。
彼の罪は罪として、彼の妻、娘Sを思うと心が痛みます。今彼女らの生活は天から地に堕ちたかの思いに違いありません。
おぞましくも、悲しい出来事です。