1/22/2011

カメニャンの朝


カメニャンの独り言

とにかく今はそういう問題じゃないのよね。
「シッ!静かに!もう少しはママを寝かしてあげようよ。ほら、新しい餌も置いてあげるから。」って下のダディに捕まえられて、二階から降ろされても、私、今は別段に空腹というわけでも、餌や水欲しいわけでも無い。
最近、ママは家にいる日と、そうでない日とがまるでゴチャゴチャの日程で、朝のうちに私を見ておいてもらわなければ、心配なんだもの。
ママのPC用椅子に寝てて、ちょこっとゲロゲロを出しちゃった事や、トイレの中でウエットシートの上でしたと思ったシーシーやプープーが、あちこちにはみ出しちゃったりしているのを、一応見ておいてもらいたいし、もうそろそろ朝起きの時間じゃないかなァ、と思って寝室ドアの前で声を掛けてみるの。
これでも、あ、もう起きてくれる頃だと一応は時間を見計らっての氣を使っているつもりなんだよ。
この時期は夜が長いのね。夕刻の今は外がもう真っ暗で、私も眠い。
それでも朝だと思ってママを起こしに行く時になっても、外はまだ暗くて、家の中も電気がついていないと真っ暗。
私の鳴き時計の針が早めにセットされているのかしらと思わないでもないけれど、体内時計の時間は確かだと思うんだ。

最初はあまり大声でなくて、ニャーニャー言って反応をみて、それからカリカリとドアをノック?するんだけれど、部屋の中に気配が感じられないと、少しお休みの間をあけて、それから、また今度はすこーしだけ声を大きくしてニャオ、ニャオと繰り返すわけ。
この、間をあけるという心使いが難しいところで、あまりせかしても駄目だし、ママの動く気配をキャッチするのも大事なの。
で、ママは必ず起きてきてくれる。「はい、はい、はい。さ、下へ行きますよ。」って。
でもね、動物年令で云えば、私よりずっと若いはずのママの動きは、最近はまるでスローになっちゃって、階段なんか私はちゃんとトコトコッと登り降り出来るのに、ママは手すりを頼りにヤットコラショッってな感じで、私は2度も3度も立ち止まって、待ってあげるの。
私は4本の手足がつかえるけれど、ママは足2本だけの歩行のせいかしら。とにかくスローモーションなの、最近の階段の上り下りは。
ママが誰か他の人が置いてくれた餌の側に、新しい餌缶を開けて皿にもってくれると私は礼を払う意味で、ちょっと舐め舐めしてみせるわけ。
そして、特別トリートのハムかターキーの固まりももらっている頃に下のダディがやって来て、私を思いっきり揺すってナゼナゼしながら必ず云うの。
「なんてオマエはブラット(わがまま)ニャンなんだ!ママをいつも起こしに行くのは如何してなんだ。甘えニャンなんだから!」とか「ファジーワジー(毛だらけ)、ニャンニャン!フラッフィー(柔らか)ニャンニャン!!」
無視されるのは、とっても嫌だけど、あんまり構われるのもちょっと問題アリって思う私は贅沢なのかな。
ママがシャーンぼくと話している内容によると、この家族は全員動物の毛や埃や何かにアレルギー症なんだって。
私も思ったんだけれど、じゃァ、私はもしかして人間や埃にもアレルギー症なのかもしれないなって。だって何時も鼻がムズ痒くて、クシャミが良く出るし、毎日ちょこっと体調が悪くてはゲーッってなっちゃうもの。
変な家族の一員のクッキーワンは蚤アレルギー症なんだって、ママが毎日皮膚をマッサージしてあげてるよ。
ビッグダディは何のアレルギーなのか私には良く解らないんだけれど、時々苦しそうにしているから、もしかして仕事でのストレスアレルギーなのかもしれないね。
朝は大抵遅くに起きてくるから、私がママを起こしに行くと、ビッグダディまでも目覚めさせてるのかもしれないと、ちょっとは気が引ける事もあるんだよ、これでね。ほんとうよ。
でもね、やはり私もママが起きてきてくれない時は、ママの具合が悪いのかと思って心配だし、ママも私がいつまでも寝込んでいると「今日はどうしたのオ~。眠いだけなのかな?ホイよ、大丈夫か~い?」って頭を撫ぜて様子を見にくるから、ここはお互いに朝の確認挨拶をするという事は大事なことなのかもね、きっと。
いつか、私もママも朝起きをしなくなるのかもね。そんな気が時々する。
ママ達の毎日の会話が何やら、それらしき健康や体調の話がよくでているようだし。
今のところは、皆の体調様子にあまり変わりが無いみたいだから、大丈夫だよ。
ね、明日の朝もママを起こしてあげようっと。
おやすみィ。Zzzzzzz

0 件のコメント: