9/25/2010

幼児を背負う夢

幼い子供を背負って家路につくというシチュエーションにおかれた夢を見た。
今となって、その子が女の子だったのか、男の子だったものかもはっきりしないのだが、それは幼い頃のクリステーナかデイビッドの感じがしていて、私自身が必死になって、半分寝ぼけでぐずるその子を「もうちょっと、もうちょっとだけの我慢よ。すぐにおんぶしてあげるからね。」と背負う紐つくりをしているのだった。
古い引き出しにあるだろうと思っていた男性用浴衣につけるへこ帯が幼児を背負うのには最適であると信じている私がその引き出しに見たものは、数本の女性用腰紐と、細いひも状の浴衣帯だけが残されていたのに失望して、タオルとブランケットを使用して自分で背負い帯を作ろうと試みたのだが、いざ子供を背に帯を回すと、とてもとても私の腰ぐるりをサポートするには短く、まるでショールのような長さにしかならない。
初めに、クリステーナがお気に入りの水色に黄色いアヒルが可愛いブランケットを3等分に切り裂き、それに幅のあるワインカラーのバスタオルをそれも3等分にしてそれぞれをつなぎあわせた。そのどちらももう古く、それらを使用して帯に利用しようとした事にあたっては、決してそれらの品がもったいないという気にはならなかったのは確かだ。
その地点、何かの会場らしく、係員の人が閉館の時間になった事を知らせに来て、そこから帰宅せねばならないという事態だった。
確かにそこへは車でいったはずなのだが、何故かそこから徒歩では1時間以上かかるかもしれない家路に子供を背負って帰ることを思い立ったのだった。
子供を安らかに背に寝せて、家路につくという事に自信があったものの、どうしてもその背負い帯が調達出来ないで、いらだっている私であった。
他の布を結びつけても、子供を背にいざ帯をまわすとどうしてもショールにしかならず、3度ほど子供を背にしてはおろし、背にしてはおろしの試行錯誤。
どうしても安心して使える背帯にはならないのであった。
結局子供を連れて家路に就くところまでに至らずに目覚めてしまった。
何だか、この夢が現在の私の試行錯誤子育て生活状態を表現したような気がしてならない。
今後いつかの夢で、大きく成長しても尚、背に感じられる私の孫達の現実がその夢の中ではちゃんと家路につく事とあいなるのだろうか。神ぞ知る。