9/21/2010

私的心と体の天気図 その3

先日お友達ブログで、加齢と供に音、騒音や物音に敏感になる話を読んでいて、私もこのところ正しく、音への感覚が変わってきている事に気がついていて、それは私独自の体験なのかと思っていたのが、他にも同じ意見をもっている人たちのコメントを読み、少し、いや、大分安心した。
私の最近は富に音波長を受けるのに敏感になってきているような気がする。
十代の頃、若者には珍しいといわれた老人性鼓膜難聴症で2年間程通院した体験を持つ私は、それゆえに老年期には難聴者になるだろうと懸念していたのだが、その意に相反して、耳障りな音だと人一倍敏感に聞こえてしまうようになった。
しかし、ある人の話では「いやいや、老人性難聴になる前というのは、得てして音に敏感になるらしいよ。古くなってきている脳細胞の最後の悪あがきのようなものかもしれない。」という事だそうな。
そうなのかもしれない、言われてみると、そのような気にもなる。

或る波調がオーバーラップしてか何かの残聴現象が私の頭脳と頭蓋骨を音感ボックスのような役割をさせているものなのだろうか。
今朝も先日と同じく、ヴィデオ動画で映画Sun of Empireサンドトラック曲“Suo Gun”を見聞きした後に台所で作動している皿洗い機の騒音をバックグランドに頭の中から同曲のはっきりした歌声が一連のビデオ音として数分に渡ってリピートされるのが聞こえた。
先日は他の音楽を同じく皿洗い機の騒音と供に、はっきりと頭の中に聞こえて、その時はPCのスピーカーから流れているものかと思い、PCの画面やら、スピーカーやらを調べたりしたのだった。
その音楽の残調は皿洗い機が作動中のみ聞こえてくるもので、それが止まると私の頭の中の音もしなくなるのだ。
私の脳部分が破壊されてしまっての狂気沙汰とは決して思えない理由として、今までにそれぞれが違う曲を、やはり同じ状態で3度ほど聞いている。

たった今ある事に気がついた。
それはこの春に奥歯3本を差し歯にすべく口内右下に1センチ程の3本のメタル棒が差し込まれたのだが、もしかして、そのメタルを媒介に顎から頭蓋骨に音波を伝えているのだろうか。
外部の皿洗い機の作動波がそのメタル棒に伝わり、脳内脳波と合い重なって、脳内のメモリーバンク細胞から引き出された音波が残聴として聞こえたものなのだろうか、、。
今現在は歯科通院始めた5月から、メタル棒が歯茎から突き出ている状態なのだが、来週にはこれの上にセラミックの歯がかぶされる事になっている。
さて、その3本のメタル棒状態のものが新しいセラミック歯になってしまった後も、果たして同じ残聴現象が私の頭の中に起るものなのだろうか。
これは私の不可思議な残聴現象の原因をより解りやすく解明出来る良い機会になりそうである。
今後歯の完治での、私の残聴症状にどのような変化が起きるのは候ご期待。(別に誰が何の期待などはしてはいないのに-まあ、今は自分にそう言っておきますか。)
しかし、私の脳細胞。難聴になる前ぶれ悪あがきはそれはそれで、ずっとあがき続けて欲しい。
全てに鈍感よりは、いつも何事にもまだまだ敏感でいたいものだと、私自身が悪あがきを捨て切れないで毎日を暮らしているのだから。