8/30/2010

行動と責任

先週ある式典会場でちょっと面白いお話をして下さった方がいらしたので、その小話の覚えている限りをここに記したいと思います。

ある何処か遠い国の小さな村人達のお話です。
一人の老人とその未だ幼い子供がロバを牽いて、未来の安住の地に向かって歩いておりました。
とある村にさしかかると、村人達がこの二人の旅人を指差し、笑って言いました。
「せっかくロバを牽いているのに、何故老人の貴方は歩いているのですか。愚かな行動だとはこの事です!」
そこで老人はロバの背に乗り、子供にロバを牽かせて先を進みました。
次の村にさしかかった時、その村人達がこの二人の旅人を指差し、笑って言いました。「貴方とあろう方が、その幼い子供を歩かせて自分は悠々ロバに乗っているとは愚かな行動です!」
そこで老人はロバの背から降り、変わりにその幼い子供をロバの背に乗せ、先を進む事にしました。
またその次の村に入ると、その村人達はこの二人の旅人を指差し、笑って言いました。「ロバは物を運ぶ動物なのに、何故一人はそうやって歩いているのは愚かな行動だと思いませんか!」
そこで今度はロバの背の幼い子供の後ろに老人も乗ることにして、先を進みました。
また、また次の村に来た時はその村人達がこの二人の旅人を指差し、笑っていいました。「何と可愛そうに、ロバは二人もの人間を背に運ばされているではないか。ロバは貴方達には唯一の宝だとしたら何故このロバを二人で抱えて歩いてはどうなのですか。愚かな旅人だ!」
そこで、老人と子供はロバから降り、二人でロバを抱えて先へ進むことにしました。
すると、目の前に遠浅な川が開けていて、二人の抱えていたロバの背を濡らし、驚いたロバは二人の腕から飛び降りて図らずも水に溺れてしまいました。
老人と子供は大事な宝が水に溺れてしまったので、そこで大泣きして言いました。
「私達は何と愚かだったのだろう。もしいままでの多々の知らない村人達の言葉を鵜呑みにしてその通りにしてこなかったら、このように大事な宝を失う事も無かっただろうに。自分達の道は自分達で選び進む事が寛容であると思った時はもう遅いではないか。これからは他人の意見はあくまでも自分の人生に於いては思慮に入れて行動するのが妥当であり、自分の行動は自分の責任で将来を進んで行こうではないか。自分の考えを育てる事こそ宝を失わず、増やす事につながるのだから。」