1/23/2010

職場での女性

Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com
何故なのだろう、と時々考える。
人間、人生に於けるある時期は、特に女性の場合に多いのだけれど、他人と自分を見比べて競争精神が活発に脳細胞のシナプスを敏感に働かせる為なのだろうか。
それとも、個人の成長度に合わせホルモンと体内ケミカルのバランスを計る体内精神バランス自動機のようなものが、ライバルを見定めてはそれに自分を見合わせて行動を計ろうとする為なのだろうか。
専門精神研究者には簡単な答があるのかもしれない。
兎に角、世の女性はある年令時期、自分に向ける目より、他人に向けて競争、攻撃、行動をする度合が高くなる。
私自身についても、確かに身に覚えがある。
30代のある時期はある対象を見定めて、それに伴っての敵視生活を暮らしたものだ。その対象に目を向けたのは色々と理由や理屈つけがあったように思う。
しかし、その時期を昔に思う今、その時の自分が如何に愚かにも自分の内面に向ける目をその対象に向けて自分の存在を誇示しようとしていたように思う。

通常の世の人々が退職生活を楽しむ年令になった今の私が若い連中と一緒に職場で暮らす現在の生活には、年令当時の私自身の姿がどの仲間の中にも見て取れる事があり、これが人生経験を積んだと云うのかもしれないと、密かに自分に知らしめたりするのである。
20代の女性はその生活体験無知さゆえ、非常識を非常識とは受け止めず、道徳、モラルは単に年長者の戯言と鼻で笑う個人主義傾向を良しとする風潮は今も昔も変わらないようであるし、30代、40代の女性は個人の生活環境体験から他人、特に年上、又は各就け上の人間に向けて自分を計る行動に出る傾向がある。
そしてこの年代女性は確実にそのライバル対象より、自分が優れていると確信し、その対象に目を向けることで毎日の生活に自分の精神バランスを取ろうとするのである。
人間そもそもが闘争の動物であるためなのだろうか。
そして、近代世の男達が違う世界で違った意味の闘争の最中、女達は女達での自分と廻りの闘争を生み、闘争の中の生活をする事で、自分という存在を自他共に受け入れてもらおうと試みているのかもしれない。
確かに、私の職場の女連も“かしましい”。彼女等はあたかも、その状況をエンジョイするがごとく、他人を貶める事に専念し、エネルギーを費やす。
私はそれらには加わらないのは人種の違いからでも、文化の違いからでもなく、確かに年令、世代の違いであるように思うのだ。
それは、人間が人間である為の一時期の道なのかもしれないと思い、今日も私は彼女等の生活闘争劇を見やっているのである。

1/12/2010

トイレット・ペーパーと孫三人の関係



「何よ、ディビッドの嘘つき。まだトイレット・ペーパーここに沢山あるじゃないのォ」
朝から高校最年長生になった我が家の一人娘が弟に向って毒ずいている。
彼女の若く、輝くような顔姿もこの時は目が三角にならんばかりで、たかがトイレット・ペーパーごときに、その曇り顔は誰が見ても、ちょっとばかり頂けない。
ティーンが3人と大人3人の6人家族の私達が、そうも大家族と言う訳ではないけれど、核家族の多い昨今での一家族としては人間密度が平均家庭より高いかもしれない。
週2日は山ほどの洗濯物をこなさなければならないし、ゴミも週2の回収日には飽きれるほどのゴミの山が我が家から吐き出される事となるのをみても、やはり小家族ではないと思わせるには充分の理屈とはならないだろうか。
お洒落と清潔を建前の彼女にとっては、トイレット・ペーパーの獲得は大問題らしく、弟二人にいつもその数を報告させているのである。
幼い頃の或る日、ペーパーが切れていた事がトラウマとなっているのかもしれない。兎に角彼女のペーパーチェックは毎朝の事であり、それでいてトイレにはいってからペーパーがないと気がつくのが遅いのも、これまた彼女なのである。
2階の彼等のトイレから階下にいる私に携帯で「グランマ、このトイレに予備ペーパーがないの。」と電話通話をしてくる事もあるズボラさに飽きれさせられたりもする。
「貴方ねェ、最後にペーパーがなくなったら、直ぐに入れておくものよ。解ったわね。この間も私が入れておいたのじゃなかったかしら。」と弟のどちらかにあたるのは何時もの事で、弟達はお互いに「だって最後は僕じゃないもの。」と言い合うのである。
実母不在家族の彼等3人には、私が生活家事一般代理母であり、弟二人は姉である彼女に対して、時には母親を想う思慕の対象となっているのも確かな事で、彼女の命令には滅多に逆らう事なく良い様に使われているのだ。
来年は彼女も大学に進んで、この家を離れる事だろうから、その時の弟達二人が淋しく想うのを今でも充分に察しられる。
女性は判断力に富み、男は賢くて、マメに行動を取れる人間になるのが、今の世間には通用すると私は思っている。
「早くトイレット・ペーパーを補充しておきなさいよ」と彼女に云われて、「自分で持っていけば良いのに、いつも僕にさせるんだからなァ、、、」と文句を言いながらも、どちらかの弟が彼女の言葉に従うのも、今のうちだのことだからと私は見て見ぬ振りをするのである。
Backgrounds | http://www.graphicsgrotto.com

1/02/2010

2010年元旦に。




郷里の幼い過去の私がこの年が来ると云う事を、どんなに知恵をこらしたところで頭の中に想像できたことはない。
ぼんやりと頭の中で日本以外の国の生活とは、どの様な物なものなのだろうと時々独りママゴト遊びの合い間に考えた事があった。
あの時の私は病身の母が入院中で、厳格な祖母の世話を受けて伯父宅にあずけられていた。
二人の兄達も他の親類にあずけられていて、家族は離散生活中であったのだが、3,4才の幼かった私が特に両親や家族を恋しいと想う事もない、どこか冷えた感性をもっていたようだ。
生活というものは自分が作り出すものというよりも、誰にもそれぞれにある状態の中で、あるものを受け入れながら「こんなものなのだろう」と納得了解して生きていくものと考えていた。

私の人生で最大の冒険が19才の夏に単身渡米した事なのか、勉学が面倒になって放棄して詰まるところ、結婚という道を選んだ事なのかは、どちらもどちらで私の軽率さであり、熱しやすく、冷めやすい、いい加減性格の最たる表れなのだと思う。結婚生活が悲惨なものだと感じたことも無く、もう42年間も相棒とはお互い邪魔せず、邪魔されず、無視もせず、自分の身の一部のごとく受け入れてやってきた。好きも嫌いもお互いを支えてきたという思いより、お互いの個を尊重してきたと思っている。
「人生、これでいいのか?」「いや、いいのだろう。こんなものだ」と自問自答の在米42年間である。
それにしても、大した努力なくして何となく無事に人生をここまで来てしまった事に少しばかりの、否、大いに悔いが無いといえば嘘になる。
もしこの世に輪廻というものがあるのなら、来世にやり残した沢山の事を繰り返しやらなくてはならないとしたら、、と考えると、「ひぇッ、恐ろしやァ」などと今更、そう今更なのだが思ったりして「成れば、今の人生後半期をせめて伸ばしていかねばネェ、無理繰りまた新しい人生をやり直しは、ちょっとキツイんで無いかいっ?」など、ここにきてまた新しい事への挑戦をしり込みしている次第である。
家族にも、勤め先にも自分が必要とされているとの自負はちょっぴりあるけれど、私という個人の代わりはそうもいないかもしれないなどと奢ってみるつもりは毛頭ない。私独りが皆の生活を支えている訳ではなく、また人それぞれが皆、個々でその世界、生活を作り出しているのだから、私という個がそこを抜けた事で全体の生活がアンバランスに成る事はないのだと云う事を充分知って生きているつもりだ。
私は私にとって大事な皆の生活の一部であり、その意味で自分を大事にする必然性を感じてはいるが、どの皆も自分で自分を大事にする責任はあるのだと考えている。
2010年の元旦に自分のあり方をちょっとばかり、考えた私のこれからの人生も今日の新しい一歩が将来に繋がっており、私の一歩が家族と廻りの皆の生活にも関わりをもちながら続いていくのである。
自分を大事に、生活の一部を皆の生活の全体へと、そして周り全体の社会へと個の生活在り様が今日からもまた繋ぎ、繋がりながら、今年も始まっていく、今日2010の朝である。