9/13/2009

いざ、いざ

N姉さんにはご機嫌宜しく今日までお世話頂きましたが、アッシはカカアの賃金で家徳を賄うのは男一匹が廃るというもの、隣町にアッシの弟子が助っ人を待ち望んでいて、そこの猟場ではアッシが身内のT兄さんのこの猟場よりも活躍して行けそうに思いますんで、そちらに行かせて貰います。
どうか、アッシの後釜のC女親分を宜しくお引き立ていただき、この場の繁栄が更なるものとなさって下さいまし。
アッシ独りの身ですと、これからもN姉さんと一緒にこの場を栄え、行く行くはT兄さんからこの場を貰い受けると聞かされていたのが、大親分交代にあたってはそうも行かなくなったのが事情でござんす。
アッシの働きが多かったのが、さして認められなくなり、内情を知るT兄さんはアッシに対するN姉さんの働きを少し妬んでいたのも事実でござんした。
N姉さんからの思い入れもあって、アッシは家族を何より大事に思い、餓鬼3人を一生懸命に育てる事にも専念の意を表したのが、アッシの仕事に手抜かりが多くなったと勘違いしたのやもしれませんが、N姉さんの仰るとおり家族あってのアッシであると思いながら今日まできたのが、裏目に出たのでござんしょうか。

「可愛い弟子達、そして皆々様、ご機嫌宜しゅう。また隣町で合う事もあろうかと思いやすが、その時まで達者にお暮らしなせェ。これまでで、あばよ。」
と、吾が親分は別れの途に就いたのであった。
残された弟子達は泣く者あり、場を離れる者あり、ふてくされる者あり、陰で新親分を落とす戦略を腑に持つ者あり、後を追う者あり、後ろを向いて涙拭く者あり、嬉々として新親分におべっかを使う者ありと、それは様々なのであります。
この私めにしましては、今のところはじっとして廻りの様子を伺っているのでございます。
人生には色々な事が起きて当たり前なのでございましょうから。
自分の身丈に合った暮らしをいつもの時も心せねばいけませぬ。
背伸びや暴走は決してしてはならぬ禁じ事と戒めて、しかし努力は惜しむ事無く、回りと相まって無理からなる日々を暮しましょうぞ。これからも。いざ、いざ。

ってな具合なんですね、もし時代劇で表現したとしたらの最近の私の勤務先ドラッグストアの支店長交代劇であります。
N姉さんとは無論、この私の事であります。自分を当店の活躍の中心に見立てた図々しいやつと皆様はお考えかと思いますが、Well,そうでも思って毎日を暮らしていないと、雀の涙ほどの賃金でのこの年での労力が慰められないのであります。まあ、お許しあれ。
新支店長は指しての引継ぎがなされている訳では無く、それがこの大チェーン店Wの特徴でもあるのですが、各支店長は会社基本販売支持にしたがっていれば特有のあり方でその販売力を上げれば好成績店として認められる訳で、そこは各支店長の力に寄るのです。
L支店長が私に耳打ちをしたのです。
「この地帯は兄Tの配下になったので、私はここの長には成れなかった。私は兄の下で働く訳にはいかないんだ。隣の地帯には数人の長が選ばれるらしいから、そちらの方が自分には良い機会をもたらしてくれると思う。」
そうですよね。
ちなみにL支店長のワイフは当店大地区の薬局部の主任部長で、先月には南アメリカ地区に薬局部員薬局研修講師として講演に出かけたりする優れた職員です。
賢明な年上女性に憧れて結婚して最強の家庭を築く事を誓ったL支店長、今は自分の立場がいまいちスッキリこないのは、彼自身が誇り高く、活動的な人間であり、そして彼独自の人生期に於いては仕事をこなすには一番良好時期である事を承知しているからなのでしょう。
今の時期どのようなチャンスを逃す訳にはいきません。

私にとっては当店で、3人目の支店長のC女史。
さて、これからの私の勤務状態、生活サイクルにどのような変化が訪れるのでしょうか。
ちょっぴり不安もあり、刺激もあり、楽しみでもあり、今の私の心境は複雑なのです。
還暦を過ぎた私の年令で、若いボス達と色々な経験をもっていける事は私にとってはとても善い事に違いはありません。
人生は一生勉強です。人生に完全完璧なんて在り得ない、ただそれから眼を逸らさずに、向っていくのみと自分にいつも言い聞かせる私の今日の日々なのです。
いざ、いざであります。