12/30/2007

軽くお喋り16 -腰振り体操


暮の大忙し出勤のせいのものか、体がバンバン、コチコチ、プクプクなのであります。筋肉が張り、固まって、手足が太~くなってしまったわけですね。
足を投げ出してソファにかけても、足枕してベットに横なっても、どうにもバ、コ、プ感を治めることができない。
『フ~ム、これは本格的な疲れだわい。2日の休みに家事をしながらではちと無理のあるしつこさではないの』と自分の老体ぶりに落胆したのでした。
頭だけでもリラックスと古本を取り出して読み直したり、デジカメから写真をダウンロードしたりしてみると、今度は目から脳の疲れがドットばかりに押し寄せる感覚にとらわれ、『なんだァ、私一個丸々使いものにならなくなっちゃった』と思っただけなのでした。
とはいえ、この休みの間に日頃の生活諸事をかたずけていかねば新年になっての持ち越し雑用は極力避けたいもの。
レンタルのDVDも見終えて返さなければならない。山の洗濯をかやつける間にみてしまおうかな。
その洗濯ではない、選択は正解でしたよ。
DVDでバラィテーショーで“腰振り体操”なるものが紹介されたので、運動不足ではないはずなのに、不健康まん丸バコプ体を整えるのは、もしかして?とばかりに一緒にやってみたのです。
幸いにも家の中は私だけで、子供達はママの家にお泊り、夫は相も変わらずプールサイド住まい(蛍族なんてものではありません。側にビール缶を詰めた冷蔵庫とお気に入り政治番組が聞けるラジオ、そしてタバコがあれば家の中に入るのはトイレ使用と睡眠時だけ)息子はバイク乗りに出かけ、家の中は私と猫一匹、犬2匹なのであります。

両足を肩幅に開き、膝は曲げずにそのままおへそを中心に置く気持ちで想像の浮き輪に沿ってゆっくりと円を描くわけです。これを1日30分。
簡単なのと、食事制限無しで体調を整えられる方法というのが、私には心地良い響きに聞こえたわけです。
動物達が揃って「え~?何やってるのォ?大丈夫なの?」という顔で私を見上げる中。私はユラユラ、ユサユサ、くる~り、右に10回、左に10回、はい、そしてまた右に20回、左に20回と、、、。
さて、たった1日の体操でも効果はあるものとは思えないけれど、プラシボ(脳の思い込み擬似効果)ということだってあるしね。

とわあれ、効果の程は、、。夜間の喘息発作で一度は夫に心配かけたけれど、朝の目覚めはいつもより何となく爽やか。眠気顔で鏡の前を通り過ぎると、オーッ。アレっ、ウェストが出来ている!(ウェストは出来るものではなく、あるものだとおっしゃいましたか貴方。それは塾老年女性の体型に通でない証拠発言ですね)
体の脇がすっきりしてですね、大きな下半身はまだその体操に目覚めていないとしても、昨日の大食いも体の中に溜まった様子がないのです。
それに足取りが軽やかになって、いつもの「よっこらしょ」という思いで降りる15の階段も久しぶりのトントントンでありましたッ。
体のむくみが取れて、今朝の気分は上々です。
やって良かったァ、腰振り体操。これからも続けなければ。
うん、やるぞ~。何せ簡単、そして食事制限無し!(なんて、馬鹿食いはお止しなさいよ。ハイ了解と、軽受けする私。)
プラシボでもいいから、続いて欲しいなァ、この効果。

クリスマスツリーを下ろしてかたずけようと夫が言います。いつもは新年のお祝いまでそのままにしておくのですが、今年は8フィートのビリヤードテーブルを入れたのでツリーがプレーの邪魔をするわけで早めにかたずける羽目になり、昨日までの疲れた私は「う~ん、ちょっとまってて~」といってあったのです。
腰振り体操が利いたと思っている今日のうちにツリーを下ろしてしまおうっと。
いつもながら、単純な私です。