6/27/2007

文句あっか!その3 天使



すわッ、心霊写真か?と最初は驚いた私達、なんとよく調べると、何てことはない。唯の撮り辱なり~、というお粗末なお話。
これを文句云わずしておられようかといった私の今の気持ちでアリマス。

毎週水曜日の夫の出勤は夕刻に定例会議出席の為にいつもよりも遅いので、火曜夜は深夜過ぎてもなかなか就寝しないのです。
「起こして悪いけれど、カメラはどこかなァ。ちょっと気になるのを今写真にとってみたいのだけれど、、」と夫が寝ていた私のところに来たのがもう午前3時近かったようでした。
カメラを手渡してまたベットに就いた私でしたが、朝私の出勤時間には夫はグウグウイビキの人であり、カメラは私のバッグ(お気に入り和製巾着であります)に戻されていたので、そのまま出勤したのです。
お昼休みに夫が何を撮りたかったのかとデジカメを覗いて見ると、ヤヤッ!何やら不思議な写真が数枚あるではないか。
さっそく「いったいこれは何を撮ったの?」と夫に電話してみた。
「あァ、どういう風に撮れているのか見てないのだけどね、顔が二つ見えたと思ったんだよ。写真そのままにしておいてよ、見たいから。帰宅したら説明してあげるからね」と言って会話終了。
え~っ、顔が二つ?何処に?でも、この黒々とした陰はナンナノダ?
それにこの光の玉は?よくみるとスマイリーフェイスにも見えるし。
光の玉が数個あるのと、無いのと、、それに陰が左から右に移動していて、不気味ではないか。
いつも霊感があると云っている主任長Lさんにこっそり見せたのでした。
「あ~、これはねェ、天使よ。絶対そうに違いない。貴女のハズバンドには天使がついているんだわ!貴女のご主人はとても心の温かい人なんでしょう」と彼女は自信ありげに言う。
「えェ、まァ、、人間的には善い人間の一人と私は思っていますけれど、、」と私。
まァ、そう云えば、数年前にあと半年の命と宣告されたあの時も全く予期せずしてミラクルが起きたっけ。レントゲンにも映って見えなかった異例の心臓脈が手術中に発見され、6箇所のバイパス手術を受けて、今こうして普通の生活を営んでいるわけですから、あれが幸運の女神か天使の仕業でないとしたら説明がつかないわけだし、、、。

帰宅して昨夜夫が写真を撮った場所でのんびり葉巻をくゆらしている息子に「ネェ、これどう思う?」と写真を見せたところ、これは愉快とばかりに息子も乗り気になって写真検証をしてみようという事になったのでした。

結果発表いたしま~す。
検証の結果、この光の玉はフラッシュの反射光がチリにあたった結果のようです。
それとこの陰は光センサーを部分的に左指が抑えてしまっている為のものです。
しかし、夫が顔を二つ見たというのは一体何なのでしょう。
と話していると、当の夫が帰宅しました。
「どれどれ、写真を拡大してスクリーンに出してみてごらん。ほらね、この水泳ショーツの下部のしわが一方は男の横顔に見えるし、もう一方も半分がほら、目と口と頭に見えるけれどなァ。ほら、あの、心理検査に使うような、一旦そう見えると頭がそうとしか見えなくなる事ってあるからね」
な、な、なんだッ?
ショーツのしわァ!!黒い影は関係なかったの?それに、光の玉は?
『クレージィ!バッカじゃなかろか』あのねェ、ショーツのしわを撮る為に朝の3時に私を起こしてカメラを探した訳?
世界中を股に航空支店建て直しをして回った貴方、そして今は大学で偉そうに人を使っている貴方。なのに、なんて貧相な考えなのッ!
早とちりした私も悪いけれど、しかし、ねェ。
あ~、今日の半日を何となくワクワクして色々考えた事、すごく恥ずかしいワィ。
それにしても、この次主任長Lさんに会ったら、「夫が見たものは天使ではなくて、ショーツのしわでした」なんて云えない。絶対に云えない。

貴方、これからはやはりもっと早く就寝なさることをお奨め致しますですワヨ。