4/27/2007

お笑-ボトルトーク


年末や、祭日のホリデー連休日などとは違って、この時期の水曜平日での飲酒物販売部というのは、来客数が少ない。ヴァケーション休みの店員スケジュール補助として急遽配属された私はその日、退屈を極めていた。
開店時間の簡単な整頓を済ませた後は、特別にする事も無く、一応店内の様子をぐるりと見回ってはみたものの、独り、沢山のボトル相手では会話のしようもない。
ふ~む、なになに、、、今週の特売セールはクラウンロイヤルのデトナ・インター杯カー・レースの限定企画品発売、$23.99か、、。おや、側にはスミアノフウォッカの大瓶が$19.99とね、、。
これ等などは日本では売られているとしても、確かにもっと高値なのだろうなァ。インポート飲酒税は高いものであるから、、と。しかし、視るところではクラウンロイヤルはきちんと棚にかしこまっていて、ウォッカの売れ行きは上々なのに対して何だか負い目があるような、不服気に並んでいるではないか。
来客が無いのを良いことに、大声で(子or小声でなくてですよ)店内放送BGMに合わせて音痴声を出して唄ってもボトル達は唯もがシラーッとして並んでいるだけである。私の歌声は益々調子の波となって店内に響いており、それに気を良くしてタンタカタンとリズムつけてダンス宜しく瓶を撫ぜたり、棚に見栄えのするように並び替えたり仕出したところで、ふっと隣の窓越しに雑貨食品部を見ると、あちらの店員仲間が笑って私に手を振っている。
あ、そうでした。別に忘れていたわけではないのですよ。店内監視カメラがオフィスのスクリーンに私の唄い踊る姿が映し出されているにちがいない。主任達や支店長が苦笑、又は大笑いしているのやもしれない。ちょっと不真面目な私。でも、私はお構いなしにタンタカタンを続ける事にした。いいのよ、このくらいの娯楽が私にあったとしても誰にとがめられる訳でもないはず。(と、勝手に信じる事にした)
その後、一人、二人と来客があるのを機に唄と踊りは断念し、さて、、と。ダンマリを決めているボトル達の方に気を向けた私である。


ボトル達の会話:

V「アレッ、またお呼びがかかりましたか。我々ウォッカは何せ人気者ですからネ、ちっとは忙しいものですなァ。じゃァ皆さん、そしてクラウンさん、お先に失礼しますね~」

C 「『フン、何が人気者は忙しいもんか。田舎者のイモめ。我々のような上流(蒸留)ではないくせに、庶民に持てはやされて浮かれているだけじゃないのか。』ねェ、ジョニーさん、貴方はどう思われます?だってそうじゃありませんか。貴方達高級な者達は我々も含め、しっかり箱に納められていて、そうでなくてもいつも日頃から高級品として扱われますですよね。この店内でも一番高値をつけているのはジョニーウォーカー家のブルーさんですものね。かの貴族、ドム・ぺリニョンさんより高値なのですからね。
ヘネシーさんやレミーさんなんかも高貴な方達ですよ。それなのにどうですか、あのイモのスミアノフさんときたら、自分達が一番人気などとうかれているのですからね。ウォッカは芋で作られているのですから、庶民のそれも気取ったところでも田舎者には違いないでしょう?フランス出身のグレイ・グースさんときては小金持ちらしく、少しは高級に近ずくようにと、箱に入らない分を瓶自体を思いっきり素敵にデザインしてもらったつもりなのでしょうけれどね、所詮、芋はイモでしょう。第一、ウォッカの英語発音がヴァッカでしょう。私達高貴な出身のボトル達にはバカとしか聞こえませんけれどねェ。庶民的といえば、ワイン家もラム家もそうですけれど、この家系は料理やお菓子、ケーキなんかにも取り入れられてその道を高級レストランなんかにも進出していますものね。 日本出身のサケさんなんかも由緒ある家系らしいですしね。その分家とやらのショウチュウなるワインは聞く所では、その昔は庶民中の庶民の出だったようですが、今や若者や壮年層まで幅広く愛飲されていると言いますよ。これでしょうかね、ウォッカさんの狙いは。庶民出でもトップアイドルとしてもてはやされたいのでしょうよ。
そこへいくと、我々は王家(ロイヤル)出身ですから、箱入りの上、更にベルベットの袋なんかにおさまっていますですよ。もっともこの王家にだって異端者はおりますよ。小さな声でしか云えませんがね、あの10ドルの小瓶ですけれど、あれはロイヤル家の誰かが小間使いか何かに産ませた子に違いありませんですよ。小さくって、箱にも、袋にも入っていないのはアヤツのみですから。 ロイヤルのプライドを脱いでしまってはお終いですよ。
あ、客がこちらに向かって来ますよ、、、、。(静)」

V「クラウンさん。さっきから何をブツブツいってるんですか。ア、この客はフルーツドリンクを抱えていますから、また私達の出番のようですね。ウォッカのフルーツ割りを楽しむのでしょうね。では、またお先にバイバイ(売、倍)~」

C 「イモッ!X@#$%&*!!(クラウンロイヤルの悪態)先週と先々週の2度に渡ってコソドロに隠しもっていかれたじゃないか。店の主任達が血相を変えてコソドロを追っかけたけれど、結局盗まれても大した品ではないから、まァしょうがないなって云ってましたぞ。高級な我々は高い棚の上で、滅多にコソドロのマトにはならないのですよ。どうですか。貴方達のせいでアルコール中毒にかかる人を増やしている事も少しは思い知って欲しいものですよッ!」



その日のリキュール、ワイン、ビール達はいつまでも押し黙ったまま来客待ちなのであった。
しかし、最近の私は他人になってみたり、はたまた、動物や静物すらになって思考を広める夢見癖がすっかり出来てしまったようだ。これは多重人格性精神異常の発端現象なのかしらん。少々、否、多分に危ない私である。
こうして、わたしの退屈な飲酒販売部の一日は過ぎていく。スローに、スローに、、。
退店時間までにはまだ裕に1時間はある。さてと次は何をしようか、、、、。