2/17/2007

文句あっか!その1 影武者


いやァ、私達夫婦というのはやはり似た者同士なんですよ。今日つくずくそう思いましたです。

この2007年の晴れの日、夫の再就職先の大学でフォーラムを兼ねた式典がありました。成績優秀苦学生に奨学金の授与式もあり、学生達が模擬店を出したり、航空課&自動車課なので沢山の自動車会社やセスナ飛行機会社などからも出展があり、人出も多く盛況な催しとなりました。
夫がその勤務を請け負う3年もの前からその取り扱いのノウハウをしらない大学側は空港にパークしたままになっていたその貰い受けた教材飛行機は、貰い受けたままの状態で学生がその教材を使用するために空港に出かけて出張クラスになっていたのです。
それを夫が退職先のコマーシャル航空会社での経験をフルに活用して彼が勤めてのこの2年間で法律関係、契約証などを取り揃えてこの度、やっと大学に飛行機を移動設置クラス開校にまでこぎつけたところです。
式典には州教育委員長や学長、各大会社の役員などが正装で参列しています。
と、ここで夫はと云いますと、運動靴に学校関係者文字入りのTシャツにジーン。
役員及びご招待客席にも彼の名は無く、テーブルの用意やら、手配やらをやって動き回っています。
黒の正装にマイクを持って、晴々しくこの式典を取り仕切っているのは夫の上司である航空&自動車部理事長のGであります。
実は、Gが他のキャンパスから航空&自動車部の理事長として配属された時、彼は大慌てでこの飛行機の設置を思い立ちそれを伝に出世街道を登ることを考えたのですけれど、それをどうやったらできるものか考えたところ、これを新しいノウハウを知る人材を採用する事に掻けた訳であります。
は~い、ここで夫の登場とあいなります。よく名の知れたコマーシャル航空会社を退職し、世界中の支店を再建して回って人脈もある彼には適任の仕事となるはず。そして夫はその期待通りに働き、今日の日を迎えたのであります。
大学関係者は夫の力で今日の日を迎えたのを知っておりますので、彼の部下達はGは出世の名売りをする為にあたかもこれが自分の効力として自己の名を学校史に残したいのだと皆が陰口を言い合っています。
当の夫は「自分はもう退職の身でこれ以上の出世も望まないから、Gが私の力を利用したとしても、それはそれでいいではないか」と言います。
今は私の職場同僚ではなく、夫の配下になった友人に2ヶ月ぶりに会った。
「彼は職場同僚皆に好かれているよ。出世を気にしないから上にへつらう事をしらいしね」と夫を称して言ってくれた。
得意顔で仕切っているGの妻が私達のところに挨拶に来た。無論彼女は招待客席に座るのだ。
「この頃雨空が多いのに、今日はなんて式典日和なのでしょう」と彼女。
「ええ、色々な諸手配で一番のオーダーに苦労したのは天候です。何せ私は宗教家ではないので神様に祈りが聞き届けられるかどうかが心配でしたけれど、オーダー通りのが届けられたようですよ。でもちょっと肌寒ですけれど」と夫。
その直後、南キャンパス学長Pが自分の家族を帰したのを機に私も式典には残らない事にした。
多分中国人家族の学長が私の気持ちを思い図って自分の家族をも式典招待席に座らせて出席させる事に少なからず抵抗を感じ取ったものやもしれぬ。

先日私が「しかしね、力の無いGが貴方の仕事を自分の高名力に使うのは感心しないわね」と云うと、「君だって今の職場でマネージャーのシャドー的存在で彼等に力を貸したりしているではないか」と言われました。
あ、そう云えば、そうかも。うん。
きっと夫も大役を成し遂げたという満足感が名勢力感よりも自分を支えているのに違いない。6年前に受けた心臓の大手術後の活動60%以下心臓で成し得た仕事としてはあっぱれと言って上げたい。
え~、何だかA(C夫婦です。(へへ、ずいぶん古いギャグ。エーカッコシーなんて今は誰も使わないですよね)
でもね、これでいいのですよ。
私達は影武者ですから。ね、A(Cで何か文句あっか!デス。(大笑)