9/29/2006

スピリチュアルワールド その3


今日の不思議

私は作家佐藤愛子女史のエッセイが、そしてその彼女の生き様を書いた文を読むのが好きです。
その頑張りで、時にはがむしゃらと思える気丈さや、周囲に気配りをしながらも自分の立場を知り、お愛想を言いつつ生活するでもない、毅然としたところが私には何とも小気味良い心情にさせてくれる女性だと羨ましくも尊敬の念を寄せるところでもあります。
その女史の何作かのエッセイ集の中に、北海道の浦和に購入した家でのエピソードが書かれており、しばしばそこでの土地の人間との交流生活と、それを含む人間業と思われぬ不思議体験を語っておられます。
女史がその事で専門家に見てもらったとありましたが、数年前にそれを読んだ時は知らなかったのですが、それが今を忙しく活動なさっているスピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏であり、氏に相談して以来長年懇意にしている事をつい最近、江原氏の出版本にて知りました。
ふ~む、そうなんですね。
あの気丈な、全てに物怖じもしないと思われた女史が自分のインナーカウンセリングを彼女の書く世界では『若造』の江原氏が『助けの師』であるという事は何とも不思議なのがスピリチュアルワールドと云う未開の世界であるわけです。

以前にもこの場で書いたのですが、私の母はいわゆる霊感の強い女性だったらしく、何度も邪念と戦う生き様に生と死の間を翻弄したといいます。
その子の私が母と同じにスピリチュアルワールド通じているかというと、これがまったくそうでは無いと云うのは、これまた不思議なところと言えましょう。
スピリチュアルセンスというものが代々遺伝しているケースを数多く聞いておりましたから、ちょっとはそれらしいかと期待してはみたのですが、その世界の事を知れば知るほど、私のセンスはそちらの方では無いような気がしております。
私は色々な意味に於いて、父似でありました。良くも、悪くも。
そういう事、スピリチュアルワールドの事ですけれど、に興味があり、学んでみたいと思ったくらいですから、私は大して怖がりではありません。
ホーラー映画を観てもそのストーリーや人物の心理背景分析の方に気が行ってしまいます。
幽霊やお化けなど見た事はありません。テレポートやテレパシーなんてのにも縁がありません。
読心術は経験や体験を通しての大いなる勘違いの元には日常茶飯事ではありますけれど、、。
そして、そのスピリチュアルワードには何のタレントも無い私が、(こういう世界に通ずる人達の行動や感性を私は一般の人間には表す事の出来ない一種のタレントだと信じているのですが)最近、感覚的にふと無いものを感じたり、ちょっと体調に不快感を覚えたりするのは、もしかして脳細胞の壊れが生じてきたものやら、はたまた、私の細胞一部イマジネーションの部門が変形してきているものかと考えるところなのです。
「お~、怖いッ!貴女もとうとう老人アルツハイマー症の遺伝子が現れて来たのですか。お父さんのDNAですよね。とにかく、お大事に、、、」と、他人は云うやもしれません。(何を大事にせねばならないのかは、教えてくれないのですけれどね)
夜勤をしての4年間は、夜独りでドラッグストアにいる事には何の不都合があるでもなく、むしろ夜間は心落ち着くものがありました。
海抜の低いこの州はちょっとの雨天で電気が混線したり、配線に支障をきたすようで、いつも私がそこを通ると天井の蛍光電気がチカチカ点滅をし、それを2,3回すると消えてしまうのに気がつきました。
翌日にはまた付いているので、電球を取り替えるまでもありません。
ある日その事を仲間の青年に見せようと思い「ちょっと上を見ていて御覧なさい。私が通った後に電気がどうなるか、ちょっとしたマジックね。」
一度通り過ぎてチカチカ点滅しているのを「もう一度通ると消えるの」とウィンクしてみせたのです。
ジャマイカ生まれでボストン育ちの黒人の彼はとても迷信家でもあり、私が何やら不吉なマジックを起こしたと思ったらしく、震え上がってしまったのでした。
しかし、夜間勤務は緊急病院からの帰宅前に寄ったという患者や家族、急病の子供の薬を誂えに来た親御さんなど、思わず窮地に立たされた人々が来店するにもかかわらず、私にはその場の空気が愛情に満ちているとさえ感じさせられたものでした。
そんな夜勤の時とは反対に訳も無く精神的に苛立っている人間や、悲しく追いやられ一生懸命に健康保持を保とうとしているご老人達が来客として多い日中勤務なのです。
そのうち私の体調も何やら風邪の症状を長引かせているような、体全体がだるくてしょうがないといった感じの日が多くなり、レジに立っていない時はふと私の視界隅に人が立っているような感じにとらわれては「おやっ、お客様かしら」と探す回数が増えてきたようでした。
そして先週の事、朝から私の頭痛がひどく手持ちの頭痛薬を取り、その日配線工事で天井タイルを外している工事員の手元を何とは無くぼんやり眺めていた私はそのタイル内の真っ暗な天井から何者かが覗いているような感覚が頭を横切り、どっと疲れが体の中に入った思いがしたのでした。
私の心が疲れているのかもしれない。
ゆっくりとした気持ちをもって、明るく生きると言うことをしていないかもしれない。
そういう思いと共に、何故か母の事が思い浮かばれてならないのでした。
そうです9月です。母の誕生日でした。
事情あって一緒に暮した年数は少ない家族だったせいなものか、母は生前私が母の誕生日をいつもしっかりと心に刻んでいたなどとは知らなかったに違いありません。
母他界後20数年の今でも私には母の誕生日を心の中ではいつも祝っていたのですが。
勤務から帰宅後、メールチェックにとPCの前に座ると家の電源が2度ほど点滅を繰り返し、これは近所のメインストリートで信号機の付け替え工事をやっている配線不調によるものだと推測されるのでした。
夜になると、まだ9時前だというのに疲れが最高潮に達したようでこの日ばかりは家族の誰よりも早くベットに就き、倒れるように寝入ってしまいました。

さて、いつもながら、本題に入る前のあれやこれやの前置きがとても長くなってしまいましたが、これからが今日の不思議のメインのお話なのです。
勤務休みは子供達が登校後、家事諸事をしながら音楽を楽しんだり、TV番組に目を通したりして過ごすのです。
今日は母の好きだったクラシック音楽を聞くことに決めていたので、優しい郷のお友達が送って下さったフジコ・へミングのオーディオCDをPCに入れ込み曲をスピーカーに流す事にしたのです。
曲が始まった頃、日を同じくして勤務休みの息子が部屋から顔を出しテレビの映画チャンネルで学園オカルト映画が始まったので一緒に観ようといいます。
CDの音楽は低くそのままに流しておいて居間に移動し、息子と映画を観だしたのですが、映画半ばで息子も私も睡魔に襲われてしまいました。
それだけそのテレビ映画はつまらない内容だったとも言えます。
映画が終了する前に息子は部屋に退散、私も映画を観続ける気も薄れ、コーヒーを作り、PCの前に座りなおしたのでした。
CDの音楽はもう既に終了していて、ピアノ音はありません。画面が電源節約モードで黒い画面なのをマウスを動かしてメディアの画面に家族写真やらが現れると、同時に音が聞こえ出したのです。
女性の声のように「Ummm~~mm~~、Raa~~Ra~~、Humm~~mm~~」
あれっ、音楽かしら?何だろう、唄のようだ。
私は耳を傾け、スピーカーの音量を上げます。しかし、音量は変わりません。
何度も音量スイッチを上げたり、下げたり調整してみてもその「ウムム~~、ラララ~~、フムム~~」は同じ調子なのです。
そして数分後、もしかしてCDの最後にピアノ以外の唄でも録音されているのかもしれないと思った私はメディアのスイッチをCDに合わせてみたところ、その歌声は掻き消え優しいフジコへミングのピアノ曲が奏でられます。
CDの音楽を全部聴き終え、部分々々をまた再生してみたり、音楽終了後をそのままにしてみましたが、そのCDのどの部分にも2度と同じあの歌声らしきものは再び聞こえてくる事はありませんでした。
あの時確かに数分私は歌声(らしきもの)を聞いたのですが、、、。
あれは何だったのでしょう。
やはり、母が音楽を聴いてつい口ずさんだ歌声だったのでしょうか。
以前に前頭に記した江原氏がフジコへミングさんにはスピリチャルに通じていらっしゃると云っているのを思い出しました。
私もいつか私を思って誰かが優しいフジコへミングさんの音楽をかけて下さったら、それに聞き惚れて一緒に唄いだしたく成る時がくるのでしょうか。
でも、やはり駄目か。
私は母の様に霊界一跳びのタレントは無いのですもの。

9/10/2006

悲しい老人達


悲しい老人1

私の家から車で10分程の処に、かなり大きな敷地のコミュニティ・タウンのセンチュアリー・ヴィレッジがあります。
ここはいわゆる55才以上の方達が入居特権を持つシニアシチズンタウンです。
その敷地内には医療機関やエンタテーメントホール、社交センターがあり、管理委員会がプログラムの色々な催し物や、勉強会、趣味倶楽部等を企画運営しており、ピンクのトローリーバスや車椅子で乗車出切る医療バスが定期的にマーケットやモール、市役所、政府機関への交通手段も整っていて、至れりつくせりのサービスもあるようです。
どちらかといえば小金を持ち、定年退職後には蓄えや政府補助退職金などで旅行や趣味の事をしたり出切るといった中堅以上のシニアコミュニティなのです。
このシニアタウンから車で15分の範囲の大通りには私が現在勤めるドラッグストアのチェーン店4軒程があります。
当然ヴィレッジ隣にある薬局が一番のシニアご用達店であり、何時の時も大勢の投薬待ちのシニアとその家族が列をなしています。
しかし、あまりにも沢山のシニアがそのドラッグストアに集中する為、色々なトラブルも発生しているらしく、シニア客自体がその店を避けて周辺のドラッグストアに移動来店するようになりました。
日中勤務となって接客レジにいると、これ等の70代、80代と思われるシニア客には若い世代とは違った性格パターンがある事に気がつきました。
殆どの方が無表情か、又は生活に疲れ、怒りを感じて憤懣やるかたない表情をしているかのどちらかなのです。
笑顔や優しいユトリある表情のシニアには滅多にお目にかかれない毎日といったところなのです。

私個人の接客観としては、横柄な態度の10代、20代の若者には、その欠陥未熟性格態度を否定する態度を表現しますが、いかにそれが自分勝手な不道理や不満を並べていようともシニアの方達には最後まで笑顔対応でいようと心に決めています。
その理由はヤングはこの先人間としての責任を社会に負う学習が必要なので、毎日の対人生活の中ではそれぞれの役目としてのバランスを知る必要があると思うからなのです。
しかし、シニアは残された余生をいかに自分という人間がこの世にいた事を社会と自分に証明しておくのかがその潜在的行動としての表れであるのだと私は思うのです。
先日の例でお話しますと-
「スポンジはどこだ!この見せは薬局のくせに、ゴチャゴチャ品物が多くて、肝心なものが無いではないか。」
「7Cのサインがあるところにスポンジがあります。」
しばらくしてレジに戻ってきて、
「どこにもなかったぞ。わざわざ奥まで歩かせておいて、なかったぞ。スポンジだ、スポンジ。バス(風呂)に使うやつ。無いのなら歩かせるな!」
「ございませんでした?少々お待ちください。係りにここに来させ、私自身がその品をお持ち致します」
バス・スポンジと書かれた柄付スポンジを持参して見せます。
「なんだ!コレじゃない。スポンジだ。もういいっ!変な物を持って来るな。スポンジだというのが解らないのか。もういいっ!!帰る!!」
あまりの剣幕に支店長がやって来て、そのシニアに言う。
「お客様、スポンジは7Cに数多く置いてあります。もしそれがお客様の必要なスポンジでなければ、どういったものかお聞きくだされば他にもございます。」
「スポンジといえば、スポンジではないか。何という店なのだ。無いのに有る様な口調で客に探させるとは何だ。いったい、この店には雑貨が多すぎる。肝心な物はなにも見つからん!」
そこで、まだ笑顔の私が「申しわけありません。この次にご来店の時にはご要望の品が見つかると宜しいですね」と言ったところ、支店長が私の気持ちを思ってか、それとも彼自身の運営をコケにされたと感じてか、みるみる赤顔になって言い放ったのです。
「スポンジはスポンジですが、この店員が探しきれないというのなら貴方の欲しいスポンジは多分ここにはないでしょう。この店では大勢の方達がご要望のスポンジは各種取り揃えてありますから私は全品を肝心な物だと思っています」

怒りに怒ったままのそのシニアが帰った後も「アアいう客は、、、」との話が皆の内でなされのでした。
しかし、あのシニアはあのように何にでも文句を言いたかっただけだったと私は思うのです。怒りを怒りで応対すると、その怒りは人生全体の憤懣と悲しみに変わっていくでしょう。
シニアはもう充分悲しいのです。その憤懣やるかたないのです。
これからも、せめて私はこういう方達にはこれ以上の悲しみの余生を持って人生を終わらせて欲しくないと考える一人でありたいと思っています。


悲しい老人2

「年を取ると、過去の話ばかりするようになるって、本当だね」と孫に言われてしまった。
「人生というものの尺度でね、自分がその測りの地点だと、長い方を取り上げるのは普通の事なのだよ。たった9年目のデビッドにはこの先の人生年月が何倍もあって、それに向かって歩いているけれど、グランマにはデビッドの歩いている路は、ず~と遠くに過ぎていて、デビッドにその先にどんな事が待ち受けているのかがね、大体の見当がつき易くなっているからね、それでその事をちょっぴり先に教えてやりたくなってしまうのだよ。そういう話の状態を過去体験談というんだけれどね。」と私。
「でもね、B君のグランパは全然過去の話をしないんだって。年を取ってるのにだよ。過去の事を忘れてしまったらしい。B君のお母さんはグランパにあまり過去の事聞くのは可哀想だと云ってるんだって。時々腕にある刺青の番号を見ながら泣いてるんだって。」
嗚呼、そういう事だったのだ。
B君のグランパは過去の事を忘れてしまったのではなくて、忘れようとしているのだ。
あの、忌々しくもおぞましい収容所での地獄の生活を。
私の住むフロリダ州ブロワード地区には沢山のユダヤ人の移住者がおり、悲惨な戦争を潜り抜け、やっとの思いでこの新天地に平和を求めて住み着いた人々が、大勢いるのです。
「その人、その人で話す事には、『時』というものがあるんだよ。学校でクラスの勉強中には決して勝手にお話をしてはいけないのと同じでね、何事にも時と場合や事情というものが人にはあるという事を覚えておいて。同時にね、人に言いたくない事を話させたり、その逆に話さなければならない事を押し黙るように要請したりするのは心と精神の自由を奪う犯罪でもあるの。解る?」と顔を伺うと、当のデイビッド、「うん、何となく。とにかく、おしゃべりはいけないよね。」
未だ幼い彼に老人の悲しみを知るのは『時』が必要なようだ。

9/06/2006

軽くお喋り9

又か。どうしてこうなるの。

え~、誤解ですってば。ゴ・カ・イ・ですッ!
どうして、こうなるかなァ。
先日、久しぶりに店内でハロウィンの今年のデスプレイをブログに載せようと思って、カメラで昨年と似たようなものながら、写真をとったのです。
と、今朝、本社支部窃盗及び盗難防止調査員が来店、私のところにやって来て、「始めまして、Nさん。(私のネームタグを見ての事です)私は日本の横田に1977年の一年間過ごしたのですよ。お会いできて嬉しいですよ。どうですか、こちらの仕事は。」と世間話をなさったのです。
「私は北海道の生まれですけれど、東京で一年間学生生活をしました」「大学はソフィアでしたか?」「いえ、私はオベリンです」「あァ、オベリンね」ってな、会話でした。
その時は私はその私と同年輩らしい白髪男性を、本社支社長だと思っていたのですが、ランチタイムで他のレジへ行くと、皆がものものしい様子で話しています。
「何故、ハロウィンキャンデーの在庫の数字が合わないと、調査員が入ったのだろう。事実、数箱の荷が無くなっているらしい。店内ビデオと書類を全部押収して調べるらしいよ。」
え~。何でまた、こうなるわけ。
以前私が夜間のアラームベルが壊れているのを指摘した際にも、その事で調査員が現れ、ドア側に置かれているタバコの盗難が発覚し、店員に解雇人が出たのでした。
その時の調査員は女性で、朝の2時半に来店した事と、私とやはり世間話をしたのが、私と知り合いであったかのような印象を受けた人がいたようでした。
その時も「どうして調査員が来たのだろう。タバコが盗まれる可能性が高いと言い出したのは貴女ですよね」と云われたのでした。
今回私がハロウィンキャンデーの棚の写真を撮ったのと、その調査員と親しげに話したのとは、何の関連もないのですが、何だかヘンな具合なのです。
「何故調査員が貴女と握手しに行ったのかしら」なんて、云われても、さァ、多分私が来店直後に「ハロー、よくいらっしゃいました。」と声を掛けたからなのでしょう。
普通の挨拶をしたまでのことですけれどね。
そういえば、昨日、レジの仕事ではなくて、適当に整理整頓をやってみて欲しいといわれたので、たまたまデンタルグッズの棚が在庫品を棚の奥に詰まれて忘れられているのを全部引っ張り出して、並べて価格比較等を試みてみたのでした。
すると、どうでしょう。今日一日は支店長が主任長に其処を集中して価格表示と在庫整理、帳簿合わせを命じたではありませんか。
違いますってば。
私は内密侵入調査員じゃありませんって。
たまたま、体調がよくなかったり、私生活にちょっと気が滅入る事があったりで、色々考え事をしていただけで、独りでブレークルームにいて書き物や、電話をしていたのが怪しいと云われても、困ります。
支店長も私の行動に注目して他の人を牽制したり、動かすのは、止めて欲しいですよ。
しかし、今のままの帳簿合わせは、それにまるで関与していないレジの私の目にさえ、ちょっとズサンだと思えてならないんですよね。
まァ、パートの私ゆえ、いえ、お店がそれでいいのなら、私にはどうでもいいのですけれど。
店員達があらぬ疑いを掛けられては迷惑と皆びくびくしている中、レジ接客の私が笑って会話をしているのを見て、主任の一人が支店長に言うのが聞こえました。
「彼女は今日は特別元気だね。悪を摘発するのは嬉しいのだろうね」
ですからですね~、誤解ですって。
何度も勘違いされては本当に迷惑なのですって。
私は調査員の一員ではアリマセンッ!
う~ん、でもこれは、別に声を大にして訂正しなくとも、いい事なのかしら。
力んで訂正している自分がこれまた、何だかヘンですものね。
どうなのでしょうね、皆さん。

9/01/2006

軽くお喋り8


運転免許証

今保持している運転免許証が1994年発行のもので12年間も私の人としての証明をしてくれていたわけで、この11月までには更新するようにとの連絡で、今朝指示通りのネット更新をしました。
驚きましたですよ。今や出かけること無しで、ネットで、ものの3分で「更新されました。7日以内に新しい運転免許証が郵送されます」なのですから。
ここフロリダ州のマイアミ近辺は違法運転者や荒くれ運転者が多いのです。
「郷に入らずんば、郷に従え」と言うのはアジア人の感覚であるらしく、「郷に入らずんば、新郷に改め」というのがここの土地柄のせいやら、ある地区などでは英語が通じない世界なのです。
数年前のある時には、方向音痴の私の運転で夫が検査入院中の心臓センターに面会に行くのに迷った私が給油所で方向を訪ねた経験があります。
このスパニッシュ・スピーキングの世界に入り込んでしまっては英語が通じず、人の良いおじさんから手まねでやっと最寄の大道りの方角を教えてもらった時には「この地区に迷って入ってしまっては視覚が利かない夜ならば、自分の感覚も当てにならないだろうから、物を探し当てるのは至難の事だろうなァ」と変に感心をしてしまった私でした。
この地区に限らずマイアミ周辺というのは南米各国の道路法規制をそのまま行使しているのか、それとも自分達のルール無きルールでが一般運転方として州法の上をまかり通っていたりの、ちょっと怖い交通事情なのです。
話を運転免許証更新に戻しますが、弱視の私は少なからず、目の検査は今回は眼鏡をかけてしようか、それともコンタクトのモノサイトでも良いだろうか、、、と心配していたのでした。
強度の近眼と乱視でコンタクトを使用してもう40年以上、しかもその間に何度かの内膜症をも患い、寄る年には老眼弱視を加えての事でもあり、眼科ドクターの進めで効き目の右は近視用&そうでない左目は読書や書類筆記用とそれぞれの眼がモノワークコンタクトレンズなのです。
レーザー眼矯正手術が高度技術化されてきた昨今は1~2時間で弱視を矯正できるのだそうで、もし、今回の運転免許更新テストでひっかかったとしたら、すぐさまこの手術を受けねばなるまい、、と心密かにプランしていた私でした。
ところが、何と、あっけないこと。
この12年間の間にスピード違反で一度チケットをもらい、一度この敷地前の交差点右折で衝突事故にあった以外では大事に遭遇していないのが幸いしてか優秀運転者のお仲間入りとして今回のあっけない免許証更新許可らしいのです。
公共交通が日本の様に発達しているわけではないこちらの事情では、運転免許証が無ければ毎日の生活を平常にオペレーションは不可に近いものなのです。
これで、一安心。
しかし、今ひとつ問題が、、、。
来月15才になる孫娘が仮免許をとって、学校の運転教習クラスに入るそうな。
「来年から私も車運転者だから、グランマご苦労様。」
お~、今の私にはこの彼女の言葉は何とも優しくも、恐ろしい響きなのであります。